旦那の給料が15万の主婦たちはどうしてる?

給料の少なさで嘆く主婦は少なくありませんがその金額は状況によって様々です。

生活圏の物価や子供の有り無しで大きく違いますからね。

しかし日本全国どこに住んでいても夫婦で15万というのはかなり厳しい金額でしょう。

今回は旦那さんの給料が15万しかなかった主婦の経験談をお送りします。

どのように苦しい生活を脱したのでしょうか?

 

15万から5万浪費する旦那を転職させた

結婚当初、旦那は老人ホームで食事を作る仕事をしていて、手取りで15万ほどしかありませんでした。

旦那の給料だけではやりくり出来ず私もパートに出てました。

家賃が安かったのが唯一の救いでしたが手取りが少ない癖に旦那は趣味のパチンコで月々五万円ほどは使ってました。

あの頃は一生懸命食費を節約したりしてたのに旦那がギャンブルばかりで常にイライラしていましたね。

その後妊娠している事が分かりこのままではいけないと思い旦那には転職してもらい今ではあの頃の倍ほどのお給料をいただいてます。

 

波はあるけど先が不安な収入

サラリーマンの主人の給料は残業をしないとまったく増えず、仕事の少ない月は手取り15万の月もあります。

残業が多い月でも手取り20万くらいで、奨学金、車のローン、家賃、光熱費、生命保険を支払ったらいっぱいいっぱいです。

食費や雑費はパートの私の給料から支払っていますが、もうすぐ子供が生まれるため、私の収入は無くなります。

年に2回のボーナスも年々金額が減っており、この先がとても不安です。

役職に就くなどの昇給も期待できません。

転職も考えていますが、なかなか踏み出せずにいます。

 

実家への援助で実質15万円

手取りで月給20万円ほど稼いでいるのですが、実家はお父さんが他界されているので実家にお金を入れないといけないという理由で月5万円しか家に入れてもらえていません。

つまり実質15万円です。

外に遊びに出かけたり食事に行った際は主人にお金を出してもらえるのですが、それでも生活費は足りないので私がアルバイトを2つ掛け持ちして家計を支えている現状です。

主人の給料がそれほど多くないのであまり文句も言えないのですが、それでももう少し家庭にお金を入れてほしいです。

 

出産前後の低収入で電気も使えず

旦那の仕事が車関係の仕事についた時スタート時の給料が5万でその後も15万が3ヶ月続きました。

子供が産まれる前で育児グッズを買うお金がなくなによりも転勤で引っ越してきたばかりでお金がなく家電製品も無かったので買いたいものが多すぎて日々焦ってイライラしていました。

それよりも不安だったのが出産費用が無かったことです。

日々の中で節約できることが光熱費と食費と旦那のお小遣いを減らしました。

具体的にはほとんど電気を使わない、旦那にはご飯を食べさせて自分は食べないなどの生活をしていました。

その間も旦那はタバコを何本も吸っていたのでイライラしたことも何度もありました。

その後 旦那の尻を叩きながら現在勤めている会社に毎日休まず行かせた結果、給料が30万ほどになり子供も2人産まれ専業主婦で優雅に暮らしています。

ただあの時の生活はストレスと苦痛でしか無かったです。

 

朝市のみの買い物でしのぐ毎日

当時の旦那の給料は十五万程度で、子供も生まれたばかりの時期はとても大変でした。

アパートも新築に住んでいたため家賃も高かったですし、子供が生まれて出費が増えました。

私は食料の買い出しは週に一度の朝市の日だけと決め、野菜はほとんどが冷凍物か、もやしでした。

肉は高いのでスパムやベーコンを使っていました。

外食はもちろんしないで子供が普通の食事を食べるようになるまでは色々工夫して節約の日々でしたが、五年たった今、旦那の給料も上がり少し余裕がでています。

 

突然の転職と寿退社に後悔

私の主人は病院の車の送迎係でした。

結婚する前に突然転職したのです。

車の送迎係の前は印刷業の職場だったので手取りも20万以上あり問題はありませんでした。

どうしても仕事を辞めたいと転職したのです。

転職後の手取りは15万年程度で家賃や光熱費を払うと日々の生活は楽ではありませんでした。

私も結婚を機に仕事を辞めたため主人の給料だけでやりくりしなければなりませんでした。

食費は月1万五千円で安いスーパーをはしごして買い物していました。

あとは主人の実家からお米などをいただいてなんとか耐え忍んでいました。

こんな思いをするために結婚したわけじゃないと何度も思いました。

私はパートも始めて、転職して3年少しずつ給料も上がってきました。

もう少し生活が豊かに慣ればいいなと思います。

 

共働きでギリギリの生活に憂鬱

営業の仕事をしていた時の事です。

歩合制で毎月の給料が手取り15万円程でした。

家賃、光熱費を払ったら15万円は無くなり貯金出来る余裕もなく厳しい生活でした。

食費や生命保険料は私の給料で補い暮らしてきました。

身の丈にあった生活をしなくてはいけないのに夫はギャンブルをし借金を作ってしまい私は掛け持ちで働きました。

夫に転職を薦めてみましたが絶対に今の仕事は辞めない、と言い張っています。

この先も夫の手取りは15万円かと思うと憂鬱になってきます。

 

まとめ

やはり15万円でらくらく暮らせるという人は皆無ですね。

食材を買う必要がない、など特殊な環境でない限り難しそうです。

現実的には給料アップを期待するより転職をする人のほうが多数派。

現状が低賃金だと劇的アップは期待できないですからね。

できれば余裕のあるうちに夫婦で話しあっておきたいところです。

 

体験談
旦那の給料が足りない人に伝えたい話

コメント